胃・大腸の内視鏡検査

胃ガンや大腸ガンは、早く見つければ、完治することが多いガンです。内視鏡検査中に発見した小さなガンは、その場で取り除くことにより完治することもあります。当院では、早期発見のため、内視鏡による胃・大腸の定期的な検査を推奨しています。

また、便の表面に血が付着している場合、安易に「痔だろう…」と決め付けるのはたいへん危険なことです。直腸ガンが原因となり出血している可能性もあります。大腸がんの中でも直腸ガンの頻度は低くありません。直腸ガンの場合は、進行していると人工肛門が必要になるので、特に早期発見が大切です。

苦しくない胃の内視鏡検査

当院では苦しくない胃内視鏡検査を行っています。胃カメラというと「オエオエ」「ゲーゲー」と苦しいイメージがまだまだあるようですが、当院では軽い鎮静剤(少しウトウトとする作用があります)を使用することにより、楽に検査を受けていただけます。 

胃と同時に食道・十二指腸も観察。ピロリ菌の検査や除菌治療も行っています。


こんな方に胃の検査をおすすめします

・よく胃が痛くなる方 ・胃が重く感じる方
・腹痛がする方 ・吐き気がある方
 ・おなかが張る方 ・胸焼けする方
・ゲップがよく出る方 ・40歳以上の方
血縁者に胃ガンの人がいる方

胃の内視鏡検査の準備

<検査前日>

・前日の食事は午後9時までに済ませてください

・午後9時以降、水、お茶、白湯は飲んでもかまいません

・寝る前に薬を服用されている方は、いつもどおりのんでください

<検査当日>

・当日の朝食は食べずにご来院ください

・コップ一杯程度の水・お茶のみ、飲んでもかまいません

・お腹をふくらませて観察しますので、楽な服装でお越しください

・鎮静剤を投与するため、当日は車・バイクの運転はできません


楽な大腸の内視鏡検査

大腸内視鏡検査は肛門からカメラを挿入し、盲腸部まで観察する検査です。胃カメラ検査とおなじく大腸の検査の際も鎮静剤を使用して行いますので、楽に検査を受けていただけます。

大腸内視鏡検査を行う際、便が残っていると十分な観察ができないため、大腸の中を一旦きれいにしないといけません。 よく「便を出しきるには、厳しい食事制限などしないといけないのですか?」と質問を受けますが、便に残りにくい検査食を摂るなど、前日からの簡単な準備で検査を受けていただけます。

詳しくは来院のうえ、お問い合わせください。


こんな方に大腸の検査をおすすめします

・健康診断で便潜血陽性だった方

・血便が出る方

・便秘の方

・下痢が続く方

血縁者に大腸ガンの人がいる方


大腸内視鏡検査の準備

<検査前日>

・便に残りにくい材料で作られた検査食を食べていただきます

・寝る前に下剤を服用していただきます

<検査当日>

・当日は朝から絶食していただきます。

・便を出す下剤を朝7時頃から1.8リットルのんでいただきます

・服用後30分ぐらいで、ほとんど腹痛なく排便が始まります

・お昼前に来院いただき検査を行います

・鎮静剤を投与するため、当日は車・バイクの運転はできません


最新の内視鏡システムを使用

常に正確で精度の高い検査結果をお知らせするため、また少しでも患者さまのからだの負担を少なくするため、可能な限り最新のより良い設備を導入するよう努力しています。

<最新のレーザー光源内視鏡システム:LASEREO>

従来のシステムと比べ患部がより鮮明に見えるため、病変の発見に役立ち、より詳細な検査結果がお知らせ出来るようになりました。

<自動送水装置を使用>

胃や大腸の残渣や粘液を洗い流し、より詳細な観察が行えるよう、自動送水装置を導入しています。


<検査中に硬さを調整出来るファイバースコープ>

患者さま毎に状態が違う曲がりくねった大腸に添ってファイバースコープを挿入する内視鏡検査。検査中に硬さ調整が可能なファイバースコープを導入することで、よりスムーズな挿入が可能になり、以前よりも短時間で検査が出来るようになりました。

<お腹をふくらませるために炭酸ガスを使用>

内視鏡検査では腸管内を見やすくするため、気体でお腹をふくらませます。その際に空気を使う施設もありますが、当クリニックでは検査後のお腹のハリを少しでも軽減するため、体内に吸収されやすい炭酸ガスを使用しています。